ジュエリー作家・サカモトマミコのひとりごと
| ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
outdoor event
前回の投稿から1ヶ月以上が経ち、お久しぶりの更新になってしまいました。
先週末の「Marunouchi Street Market」、無事終了しました。
(ブログでは告知もしないまま終了となりましたが)

長く作家活動をしてきましたが、実は今まで一度も屋外のイベントに参加したことがなかったんです。
今年は、未経験のイベントにも出てみようと思って、あれこれ申し込んでいたら、
3ヶ月連続で屋外イベントに出展する、という無謀なチャレンジをすることになってしまいました。

それぞれ場所や街の雰囲気、お客様や出展者も異なり、楽しく、学ぶことも多かったのですが、
初の屋外ならではの “洗礼” を受けたようにも感じています。

20190622_1499480.jpg
 4/20の「春空マルシェ」@新宿サザンテラスでは、
 晴天に恵まれたものの、気温が低く、
 季節外れの寒さに震えることになりました。

 また、強烈なビル風が吹き荒れ、
 作品やディスプレイが倒れたり、
 飛ばされたりと、大変でした。


20190622_1499478.jpg
 5/25〜26の「TeraとRojiと」@谷中 延命院では、
 季節外れの猛暑となり、日陰がないブースで
 熱中症対策をしなければなりませんでした。
 (2日連続だったので、かなり体力を消耗)

 そして、強い太陽光の熱で
 作品が高温になって触れない(!)
 という前代未聞の難題にも悩まされました。


20190622_1499476.jpg
 そして、今月 6/15〜16の
 「Marunouchi Street Market」@丸の内 仲通り。

 初日は大雨の予報で残念ながら中止となりましたが、
 2日目は無事に開催となりました。

 ただ、準備期間中には「天気予報に振り回される」
 という屋外イベントならではの経験をしました。
 雨、風、日差し、気温の他、天気の急変など
 あらゆる対策を考えさせられたイベントでした。


それと、もう一つ。自分の課題としては、スケジューリングの問題。
5月の谷中のイベントと、6月の丸の内のイベントまでの間が
(今思えば)1ヶ月くらい空いていたらよかったかも、と思います。

谷中のイベントが猛暑で2日間連続だったり、準備期間はずっと睡眠不足だったこともあり、
イベント後は疲労困憊していたのですが、丸の内のイベントに向けて無理を続けてしまいました。
そしたら、当然ながら ダウンしてしまいまして。

それでも、丸の内は待ってくれない・・・
と、病み上がりの体で準備をしていたら、今度は様々なアレルギー症状が出てきて。
咳喘息で咳が止まらず、蕁麻疹やら紫外線アレルギーやらで体中が痒くなり・・・
体が、ありとあらゆる方法で危険信号を出しているかのようでした。
そもそも、紫外線アレルギーの私が
谷中のイベントで日光を浴びまくることになってしまったことも異例でしたから。
(そんなこんなで、ブログの更新が滞ってしまったわけです)

この3ヶ月連続屋外イベントで私が学んだ教訓。

一、体は正直である。
一、休むことも大事である。
一、イベントはマイペースに、できる範囲で頑張る。

そんなことから、今のところ次のイベントの予定は入れてないです。
今も咳喘息が治っていないため、まずは体調を戻して、
健康になったところで次のステップへと進めていきたいと思っています。
Diary - -
Tera to Roji to
ホームページでもお知らせしている通り、
今月「TeraとRojiと」というクラフトフェアに出展します。

※詳細は、こちらをご覧下さい。(click

20190512_1441110.jpg
 CQL jewelryのブースは、
 日暮里の延命院というお寺。

 谷中はお寺がたくさん・・・
 というより、お寺だらけの街なので
 延命院の周りにもお寺がいっぱい。

 皆さんが間違えずに来られるか、
 今から心配です・・・


Diary - -
springood
新宿サザンテラスの「春空マルシェ 青空個展手作り市」
無事終了しました。

イベントのテーマが「springood」ということで、
私のブースも春らしくディスプレイしてみました。

20190427_1423800.jpg
 今回の出展は新宿駅周辺エリアで
 大勢のお客様で賑わっていましたが、
 外国のお客様も多くいらっしゃいました。

 私の作品を買ってくださった方も、
 欧米の女性のお客様でした。

 とても嬉しかったです。
 どうもありがとうございました!


Diary - -
Spring Marche
ホームページやInstagramでもお知らせしていますが、
新宿サザンテラスにて開催される
「春空マルシェ 青空個展手作り市」に出展します。

新宿で開催するイベントに出るのは、
2017年の「OZONEクラフトマーケット」以来 2年ぶり。
青空個展に参加するのは、
2018年の「3331 Arts Chiyoda」以来 1年ぶりとなります。

久しぶりのイベントでドキドキワクワクしています。
どうぞよろしくお願いします!

20190410_1399657.jpg

日時■2019/4/20(sat) 11:00am〜6:00pm 雨天中止
会場■新宿サザンテラス
   東京都渋谷区代々木2丁目2-1
   新宿駅南口/新南口から徒歩1分
URL■https://www.southernterrace.jp/news
Diary - -
Ueno
20190329_1385263.jpg
 上野の国立西洋美術館で開催中の
 ル・コルビュジエ展を観に行きました。

 上野恩賜公園の桜は、五分咲き。

 花曇りで肌寒いくらいの気温でしたが、
 早くもお花見客で賑わってました。
 海外からの観光客も多かったです。

 満開の頃は、毎年もっとすごい人出で、
 満員電車並みの混雑になります。


Diary - -
time for break and input
季節の変わり目とか、なんだかんだが重なって、ここのところ体調不良が続いていました。
おまけに、昨夏の右手の腱鞘炎まで再発してしまい・・・

なかなか気持ちも上がらず、制作も思うように進められず、それがまたストレスにもなっていました。

20190317_1369598.jpg
 アウトプットが続いていたし、
 インプットも必要だなと思って、
 気分転換に美術館などに足を運んでいます。

 美しいものを観て刺激を受けたり、
 吸収するのも大切なこと。

 きっと次の作品に
 良い影響を与えてくれるはず。

Diary - -
broken tool
20190307_1356953.jpg
 新たなイメージを形にするのに、
 最適な道具はないものかと
 探していたのです。

 ふいに思い立って、
 折れて捨てようと思っていた
 切削用の道具を使ってみたら、
 思いがけず適任だった、という話。

 折れた先端が絶妙な細さで
 ちょうどいい。

Diary - -
production note about moon

 【Co.QueLe】からリリースの新作「moonシリーズ」
 久しぶりに制作裏話を書こうかと思います。

 この作品のアイデアが浮かんだのは、
 昨年2018年8月のこと。
 腱鞘炎で利き手の右手が使えなくなり(click!)、
 制作ができなかった時でした。

 月の形をした真鍮に銀粉をロウづけしたら、
 クレーターのように見えるかも!? と
 ひらめいたのです。


一ヶ月以上制作できなくて、もどかしくて辛かったけれど、まさに「怪我の功名」といいますか。
もしあの時 腱鞘炎になっていなかったら、「moonシリーズ」は生まれなかったかもしれません。

そして、Instagramにも書きましたが、このシリーズの試作中は
「制作」というよりも「実験」に取り組んでいるような日々でした。
真鍮に銀粉をロウづけした作品など、他に見たことがなかったからです。

そもそも、真鍮はロウづけが難しくて、厄介なのです。
(そのため、できる限りロウづけをしなくて済む作品を制作している人が多い気がします)
それは承知の上でしたが、どうしても形にしてみたいという気持ちが強くて、
「商品開発」に取り組んでいました。

そして、試作を重ねるうちに、銀×真鍮粉という更なる未知の領域へ足を踏み入れることに。
ここまで来ると、ただただ 好奇心だけで突っ走っている感じでした。

銀粉や真鍮粉のロウづけは、ガスバーナーでしっかり熱しないと付かずに取れてしまいます。
そうかと思えば、熱し過ぎると溶けて流れて、ただコーティングしたようになってしまう。
毎度のことながら、試行錯誤と失敗の繰り返し。

また、どう付くのか予測しきれず、同じものが二つとありません。
そこが難しくもあるのですが、作り手としては面白くもあります。

表面の粒々としたテクスチャーは、一つ一つ異なる一点もの。
ラメとか槌目とも違う質感で、唯一無二のもの。

昨年12月、「Marunouchi Street Market」でお披露目するつもりで準備していましたが、
イベントをキャンセルせざるを得なくなり、そのままリリースも保留になっていました。

しかし、2月のある日、夜空に浮かぶ黄金色の月を見て、ハッとしたのです。
いつまで保留にしておくの? このまま眠らせてしまっていいの? と思いました。

ただ、リリースを保留にしていたのは、WEBでの販売に躊躇していたからでもありました。
やはり、それぞれ実物を見て、自分だけのお気に入りの一点を見つけていただきたいし。

そんなわけで、この「moonシリーズ」につきましては、
今のところ サイズが大きいものは対面販売に限定しようかと考えています。
今後は、デザインや組み合わせのバリエーションも増やしていく予定です。

そうなると、早くイベントを決めたいところ。
現在調整中ですので、次のイベントが決まりましたら、お知らせします。
Production Note - -
lower jaw of cow?
20190223_1341956.jpg
 牛の下顎の骨、みたいですね。

 もちろん、牛の頭を作ってるわけではありません。

 (この後、これはボツになりました・・・)

Diary - -
cutting
20190204_1318052.jpg
 新作の試作の制作中。
 今日はシートワックスを
 ひたすら切って終わりました。

 ハサミとか、カッターとか、
 工具ではなく文房具ばかり使って
 なんだか調子が狂います。

 そして、試作は正解が分からず。
 もやもやしたまま、今日は終了。


シートワックスを入れてるケースは、学生時代から使い続けているもの。
年季が入って、ロゴが半分かすれてます。それでも、愛着があって、変えられないのです。
Diary - -
| 1/8 | >>