ジュエリー作家・サカモトマミコのひとりごと
| ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
stairs and a pudding
20190727_1546687.jpg
 CQL jewelry の
 Instagramの左側が
 「階段を昇った先にプリン」
 みたいになっていて、
 なんだか可笑しいです。

 ※Instagramは、こちら (click


Diary - -
iichi SUMMER CAMPAIGN 2019
iichi サマーキャンペーン 2019 開催中です。
期間中お買い物券コードをご入力いただくと、【iichi】でのお買い物が10%割引となります。

20190710_1524827.jpg
 期間■
 2019年7月31日(水) 23:59まで

 内容■
 期間中1回、【iichi】でのお買い物が10%割引

 詳しくは、特設サイトをご覧ください。
 https://www.iichi.com/lp/summer-2019


※CQL jewelry 各ブランドのサイトは、こちら。

【Co.QueLe】
https://www.iichi.com/shop/coquele

【CQ-Labo】
https://www.iichi.com/shop/CQ-Labo
Diary - -
KINTSUGI jewelry
【CQ-Labo】よりリリースした
「KINTSUGI jewelry」の制作裏話を書きたいと思います。

昨年秋、漆を使わない金継ぎのワークショップに参加して、
器を割るところから始めました。
本来、割れたり欠けたりした器を修復するためのものですが、
破壊からの再構築(リメイク)という要素にときめいてしまったのです。
同じように割れることがないところも、すごく心惹かれました。
これでジュエリーを作れたら素敵だろうな、と思いました。

しかし、実際に作品にするには、半年以上も時間がかかりました。
課題は、重さ。それと、フレーム。
いろいろ試作しましたが、なかなかうまくいきませんでした。
結局、これまで自分がやってきたものでは解決できず、
新しいやり方を起用することになり、また試行錯誤。

実はこの作品、まだ発展途上とも言えます。
もう少し、CQLらしさを出したいとも思っています。
もしかしたら、どんどん変わっていく作品になるのかもしれません。
そこは、未知の可能性を持っているとも言える作品です。

10年前に【CQ-Labo】を立ち上げた時、
今まで使ったことのない素材とか、コラボとか、
好奇心の赴くままに、いろいろできたらいいなと考えていました。
そういう意味では、この作品は大変 Laboらしいと思います。
10年前の自分が見たら、驚くと同時に
テンション上がるだろうなあ、なんて想像しています。
Production Note - -
outdoor event
前回の投稿から1ヶ月以上が経ち、お久しぶりの更新になってしまいました。
先週末の「Marunouchi Street Market」、無事終了しました。
(ブログでは告知もしないまま終了となりましたが)

長く作家活動をしてきましたが、実は今まで一度も屋外のイベントに参加したことがなかったんです。
今年は、未経験のイベントにも出てみようと思って、あれこれ申し込んでいたら、
3ヶ月連続で屋外イベントに出展する、という無謀なチャレンジをすることになってしまいました。

それぞれ場所や街の雰囲気、お客様や出展者も異なり、楽しく、学ぶことも多かったのですが、
初の屋外ならではの “洗礼” を受けたようにも感じています。

20190622_1499480.jpg
 4/20の「春空マルシェ」@新宿サザンテラスでは、
 晴天に恵まれたものの、気温が低く、
 季節外れの寒さに震えることになりました。

 また、強烈なビル風が吹き荒れ、
 作品やディスプレイが倒れたり、
 飛ばされたりと、大変でした。


20190622_1499478.jpg
 5/25〜26の「TeraとRojiと」@谷中 延命院では、
 季節外れの猛暑となり、日陰がないブースで
 熱中症対策をしなければなりませんでした。
 (2日連続だったので、かなり体力を消耗)

 そして、強い太陽光の熱で
 作品が高温になって触れない(!)
 という前代未聞の難題にも悩まされました。


20190622_1499476.jpg
 そして、今月 6/15〜16の
 「Marunouchi Street Market」@丸の内 仲通り。

 初日は大雨の予報で残念ながら中止となりましたが、
 2日目は無事に開催となりました。

 ただ、準備期間中には「天気予報に振り回される」
 という屋外イベントならではの経験をしました。
 雨、風、日差し、気温の他、天気の急変など
 あらゆる対策を考えさせられたイベントでした。


それと、もう一つ。自分の課題としては、スケジューリングの問題。
5月の谷中のイベントと、6月の丸の内のイベントまでの間が
(今思えば)1ヶ月くらい空いていたらよかったかも、と思います。

谷中のイベントが猛暑で2日間連続だったり、準備期間はずっと睡眠不足だったこともあり、
イベント後は疲労困憊していたのですが、丸の内のイベントに向けて無理を続けてしまいました。
そしたら、当然ながら ダウンしてしまいまして。

それでも、丸の内は待ってくれない・・・
と、病み上がりの体で準備をしていたら、今度は様々なアレルギー症状が出てきて。
咳喘息で咳が止まらず、蕁麻疹やら紫外線アレルギーやらで体中が痒くなり・・・
体が、ありとあらゆる方法で危険信号を出しているかのようでした。
そもそも、紫外線アレルギーの私が
谷中のイベントで日光を浴びまくることになってしまったことも異例でしたから。
(そんなこんなで、ブログの更新が滞ってしまったわけです)

この3ヶ月連続屋外イベントで私が学んだ教訓。

一、体は正直である。
一、休むことも大事である。
一、イベントはマイペースに、できる範囲で頑張る。

そんなことから、今のところ次のイベントの予定は入れてないです。
今も咳喘息が治っていないため、まずは体調を戻して、
健康になったところで次のステップへと進めていきたいと思っています。
Diary - -
Tera to Roji to
ホームページでもお知らせしている通り、
今月「TeraとRojiと」というクラフトフェアに出展します。

※詳細は、こちらをご覧下さい。(click

20190512_1441110.jpg
 CQL jewelryのブースは、
 日暮里の延命院というお寺。

 谷中はお寺がたくさん・・・
 というより、お寺だらけの街なので
 延命院の周りにもお寺がいっぱい。

 皆さんが間違えずに来られるか、
 今から心配です・・・


Diary - -
springood
新宿サザンテラスの「春空マルシェ 青空個展手作り市」
無事終了しました。

イベントのテーマが「springood」ということで、
私のブースも春らしくディスプレイしてみました。

20190427_1423800.jpg
 今回の出展は新宿駅周辺エリアで
 大勢のお客様で賑わっていましたが、
 外国のお客様も多くいらっしゃいました。

 私の作品を買ってくださった方も、
 欧米の女性のお客様でした。

 とても嬉しかったです。
 どうもありがとうございました!


Diary - -
Spring Marche
ホームページやInstagramでもお知らせしていますが、
新宿サザンテラスにて開催される
「春空マルシェ 青空個展手作り市」に出展します。

新宿で開催するイベントに出るのは、
2017年の「OZONEクラフトマーケット」以来 2年ぶり。
青空個展に参加するのは、
2018年の「3331 Arts Chiyoda」以来 1年ぶりとなります。

久しぶりのイベントでドキドキワクワクしています。
どうぞよろしくお願いします!

20190410_1399657.jpg

日時■2019/4/20(sat) 11:00am〜6:00pm 雨天中止
会場■新宿サザンテラス
   東京都渋谷区代々木2丁目2-1
   新宿駅南口/新南口から徒歩1分
URL■https://www.southernterrace.jp/news
Diary - -
Ueno
20190329_1385263.jpg
 上野の国立西洋美術館で開催中の
 ル・コルビュジエ展を観に行きました。

 上野恩賜公園の桜は、五分咲き。

 花曇りで肌寒いくらいの気温でしたが、
 早くもお花見客で賑わってました。
 海外からの観光客も多かったです。

 満開の頃は、毎年もっとすごい人出で、
 満員電車並みの混雑になります。


Diary - -
time for break and input
季節の変わり目とか、なんだかんだが重なって、ここのところ体調不良が続いていました。
おまけに、昨夏の右手の腱鞘炎まで再発してしまい・・・

なかなか気持ちも上がらず、制作も思うように進められず、それがまたストレスにもなっていました。

20190317_1369598.jpg
 アウトプットが続いていたし、
 インプットも必要だなと思って、
 気分転換に美術館などに足を運んでいます。

 美しいものを観て刺激を受けたり、
 吸収するのも大切なこと。

 きっと次の作品に
 良い影響を与えてくれるはず。

Diary - -
broken tool
20190307_1356953.jpg
 新たなイメージを形にするのに、
 最適な道具はないものかと
 探していたのです。

 ふいに思い立って、
 折れて捨てようと思っていた
 切削用の道具を使ってみたら、
 思いがけず適任だった、という話。

 折れた先端が絶妙な細さで
 ちょうどいい。

Diary - -
| 1/8 | >>