ジュエリー作家・サカモトマミコのひとりごと
| ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ブランド再編に至るまで
数年間の活動休止を経て再開する時、2つのブランドに共通で使われている
アルファベットをとって、CQL jewelry という総称にしました。

それまでイベント等に出展する時は Co.QueLe/CQ-Labo としてましたが、
1つのブランド名と勘違いされたり、ジュエリーだと分かりづらい 等
いくつか問題があったから。

それらは解消されたものの、
1つにまとめるとテイストの違いが気になるようになってきました。

作家としては、テイストを1つに絞った方がいいのではないのか?
でも、好きなものが多いことは、良くないことなのだろうか??
(いや、そんなはずはない)

これまで、もう何十回と自問自答を繰り返してきた悩み。
そして、最後にたどり着く答えは、結局いつも最初に戻るわけで。

どれも好きで、どれも必要不可欠。
どれかを外してしまったら、それはもう私らしくないのだ、と。

20200505_1897148.jpg
 写真は、活動再開後初のイベント
 OZONEクラフトマーケットの時のもの。

 応募の段階では、まだ活動休止中だったので
 名前は Co.QueLe/CQ-Labo のままです。

 (つづく)


Diary - -
<< NEW | TOP | OLD>>