ジュエリー作家・サカモトマミコのひとりごと
| ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
production note about moon

 【Co.QueLe】からリリースの新作「moonシリーズ」
 久しぶりに制作裏話を書こうかと思います。

 この作品のアイデアが浮かんだのは、
 昨年2018年8月のこと。
 腱鞘炎で利き手の右手が使えなくなり(click!)、
 制作ができなかった時でした。

 月の形をした真鍮に銀粉をロウづけしたら、
 クレーターのように見えるかも!? と
 ひらめいたのです。


一ヶ月以上制作できなくて、もどかしくて辛かったけれど、まさに「怪我の功名」といいますか。
もしあの時 腱鞘炎になっていなかったら、「moonシリーズ」は生まれなかったかもしれません。

そして、Instagramにも書きましたが、このシリーズの試作中は
「制作」というよりも「実験」に取り組んでいるような日々でした。
真鍮に銀粉をロウづけした作品など、他に見たことがなかったからです。

そもそも、真鍮はロウづけが難しくて、厄介なのです。
(そのため、できる限りロウづけをしなくて済む作品を制作している人が多い気がします)
それは承知の上でしたが、どうしても形にしてみたいという気持ちが強くて、
「商品開発」に取り組んでいました。

そして、試作を重ねるうちに、銀×真鍮粉という更なる未知の領域へ足を踏み入れることに。
ここまで来ると、ただただ 好奇心だけで突っ走っている感じでした。

銀粉や真鍮粉のロウづけは、ガスバーナーでしっかり熱しないと付かずに取れてしまいます。
そうかと思えば、熱し過ぎると溶けて流れて、ただコーティングしたようになってしまう。
毎度のことながら、試行錯誤と失敗の繰り返し。

また、どう付くのか予測しきれず、同じものが二つとありません。
そこが難しくもあるのですが、作り手としては面白くもあります。

表面の粒々としたテクスチャーは、一つ一つ異なる一点もの。
ラメとか槌目とも違う質感で、唯一無二のもの。

昨年12月、「Marunouchi Street Market」でお披露目するつもりで準備していましたが、
イベントをキャンセルせざるを得なくなり、そのままリリースも保留になっていました。

しかし、2月のある日、夜空に浮かぶ黄金色の月を見て、ハッとしたのです。
いつまで保留にしておくの? このまま眠らせてしまっていいの? と思いました。

ただ、リリースを保留にしていたのは、WEBでの販売に躊躇していたからでもありました。
やはり、それぞれ実物を見て、自分だけのお気に入りの一点を見つけていただきたいし。

そんなわけで、この「moonシリーズ」につきましては、
今のところ サイズが大きいものは対面販売に限定しようかと考えています。
今後は、デザインや組み合わせのバリエーションも増やしていく予定です。

そうなると、早くイベントを決めたいところ。
現在調整中ですので、次のイベントが決まりましたら、お知らせします。
Production Note - -
lower jaw of cow?
20190223_1341956.jpg
 牛の下顎の骨、みたいですね。

 もちろん、牛の頭を作ってるわけではありません。

 (この後、これはボツになりました・・・)

Diary - -
cutting
20190204_1318052.jpg
 新作の試作の制作中。
 今日はシートワックスを
 ひたすら切って終わりました。

 ハサミとか、カッターとか、
 工具ではなく文房具ばかり使って
 なんだか調子が狂います。

 そして、試作は正解が分からず。
 もやもやしたまま、今日は終了。


シートワックスを入れてるケースは、学生時代から使い続けているもの。
年季が入って、ロゴが半分かすれてます。それでも、愛着があって、変えられないのです。
Diary - -
a chocolate bar?
20190128_1309312.jpg
 板チョコみたいなサイズのワックス。

 この写真を撮影した後、
 ワックスを切り出して
 形を作ること2時間。

 早々に暗礁に乗り上げる。
 地金でいくべきか、悩む。

 考えながら、作る。
 作りながら、考える。
 そんな試行錯誤の夜。

Diary - -
group photographing
資料用に、冬季限定で販売している 「snow」シリーズの写真を撮りました。

※下の写真は、知らぬ間にシャッターを押して勝手に撮れてたピンボケの一枚。あしからず。


 作品の写真は、単体でも苦労しますが、
 まとめて撮るのは、さらに難しいですね。
 なんだか、小さな子供の集合写真を撮ってるみたい。

 ある子がそっぽを向いてるかと思えば、
 ある子は台から落っこちちゃうし、
 ある子は目を閉じちゃう・・・みたいな。

 ある意味、作品は我が子なので、
 できるだけ良く撮ってあげたいと思うし、
 その子の良さが伝わる写真を撮りたい。


でも、結局 かなり時間をかけて何枚も撮ったのに、自分の中で満足いく写真は撮れず。
改めて、撮り直しです(涙)

もっとカメラ修業に励まねば。
Diary - -
brass line
20190115_1293864.jpg
 普段あまり出番のない真鍮の丸線。

 遂に出番かも?

 出番が来たのか?

 まだ考え中。

Diary - -
Creema TVCM
【Creema】のテレビCMの放送が始まったそうです。
「クリーマ姉さん」という熊のキャラクターが登場します。
声を担当しているのは・・・聞いたら すぐに分かる、あの方!です。

■いいモノを語る篇■



■ライフスタイルを語る篇■



■いい男を語る篇■




※【Creema】の CQL jewelry ショップはこちら
 https://www.creema.jp/c/CQL-jewelry
Diary - -
2019
1546300669825.jpg


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Diary - -
The last day of 2018
2018年も終わろうとしています。
インスタでも今年を振り返っていますが、ブログでも少し。

20181231_1277784.jpg
 CQL jewelryで良かったことは、
 Instagramを始めたこと。
 Creemaで販売を始めたこと。
 
 逆に、残念だったことは、
 腱鞘炎で制作ができなかったこと。
 12月のMarunouchi Street Marketを
 キャンセルすることになったこと。

 来年はもう少し活動の場を
 増やしていけたらいいなと思っています。

 
今年もお世話になりました。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。
Diary - -
The Happy Prince and a swallow
子供の頃から好きだった オスカー・ワイルドの童話『幸福な王子』

ある街に、柱の上に建てられた絢爛豪華な王子の像がありました。
両目には青いサファイア、腰の剣の装飾には真っ赤なルビー、
体は金箔に包まれていて、心臓は鉛で作られていました。
しかし、その像には若くして亡くなった王子の魂が宿っていることを誰も知りませんでした。

柱の上から貧しい町民たちを見ていた王子は、嘆き悲しんでいました。
ある日、越冬するために南の国を目指して飛んでいた一羽のツバメがやってきます。
王子は、自分の像につけられた宝石や金箔を貧しい人々に運んでほしいと頼みます。
彼の深い悲しみを知ったツバメは、南の国へ向かうのを中止して
王子の代わりに街中を飛び回り、貧しい人々へ届けに行くのです。

やがて冬が訪れ、金箔が剥げた王子はみすぼらしい姿になり、
南へ渡り損ねたツバメも次第に弱っていきました。
ツバメは最後の力を振り絞って飛び上がり、王子にキスをして彼の足元で力尽きます。
その瞬間、王子の鉛の心臓は音を立て二つに割れてしまいました。
王子の像は心無い人々によって柱から取り外され、溶鉱炉で溶かされます。
しかし、鉛の心臓だけは溶けず、ツバメと一緒にゴミ溜めに捨てられてしまいました。

下界の様子を見ていた神は、天使に
「この街で最も尊きものを二つ持ってきなさい」と命じます。
天使は、ゴミ溜めから王子の鉛の心臓と死んだツバメを持ち帰ります。
神は天使を褒め、そして王子とツバメは天国で永遠に幸せに暮らしたのでした。

20181229_1275854.jpg
 写真は、10年くらい前に制作したペンダントトップ。

 王子の目のサファイアを運ぶツバメがモチーフです。
 (使っているのは合成サファイアですけれど)

 ずっとつけていなくて、だいぶ黒く変色していました。


20181229_1275856.jpg
 磨いた後のツバメがこちら。

 ピカピカのツヤを取り戻したツバメは
 天国で幸せに暮らしている姿を思わせました。

 師走の慌ただしい日々の中、
 磨いている間は、心が無になります。
 ちょっと心が穏やかになったひとときでした。

Diary - -
<< | 2/8 | >>